マイナス金利と住宅ローン

マイナス金利とはそもそも何?わかりやすく説明します!


簡単に言いますと通常銀行にお金を預けていればわずかながらの利息がつきますね(金利)。マイナス金利とはその逆、つまりお金を預けていたら逆に減っていくということです。

しかし、一般個人が銀行に預けているお金が減るということではないのでご安心を。あくまでも日銀と市中銀行との間でも話です。

市中銀行とは北海道銀行や北洋銀行等の金融機関であり、これらの銀行は日本銀行に口座を持っています。
この市中銀行と日銀間で-0.1%のマイナス金利が発生するわけです。

なんでこんなことをするの?わかりやすく説明します

結局この状況、つまり市中銀行が日銀にお金を預けていても-0.1%というマイナス金利ならば損をしますよね。
あなたが市中銀行の立場ならどうしますか?そうです。日銀に預けること自体メリットが無いわけですから他のことにお金を使うわけです。
他の投資活動や民間企業への貸付による利息を求めるわけです。

要するに何がしたいのか?

結局は日本国内の景気を上げたいわけです。眠っているお金を流動化(金融緩和)させることが景気刺激と考えたわけです。

実際に私たちにどういった影響が出るのでしょうか?

業界によって受け方はまちまちですが、住宅ローンの金利が下がる→ローンが組みやすい環境なので我々購入者と不動産業界にとっては大きいプラスになります。金利のマイナスは円安へと繋がります。

円安になれば海外観光客が増加します。これも景気回復の要因となると日銀が考えたわけです。

しかし市中銀行からしてみれば非常に悪影響です。先ほども書きましたが仮に民間企業に貸し付けを強化してもその民間企業が倒産してしまえば大きな損害になるので非常に投機的になってしまいます。

ただし住宅ローンを組むにあたってデメリットも?

金利マイナスによって確かに住宅ローンは組みやすくはなるでしょう。しかし、銀行としては貸し倒れは更にできない状況となったわけです。利率が低いとはいえ審査自体は従前より厳しくなるという予測が立っております。なかなか一筋縄には行かないですね。

しかしながらローンが通れば従来より支払う総額、金利が大幅に減るということは我々にとっては非常に大きなことです。今後も様々な政策変更はあるとは思われますので注視していきましょう。